失敗したくないほくろ除去

「ほくろ除去をしたい!でも失敗して跡が残ったらどうしよう…。」そんな心配をしている方も多いのでは? そもそも何故ほくろをキレイに除去しても、跡が残ってしまうのでしょうか?跡が残ったら失敗なのでしょうか? そんなほくろ除去の失敗を心配している方々の為に、ほくろ除去に失敗しない為の秘訣をお教えします。

ほくろ除去を失敗しない為には?


ほくろ除去をする方法は大きく分けて二つあります。一つはクリニックで医師に除去してもらう方法、もう一つはもぐさやほくろ除去クリームを使用して自分で除去する方法です。自分でほくろを除去することは一見簡単でお手軽にも思えますが、やり方が間違っていたり、効果が効き過ぎて肌がただれてしまったり、ほくろは除去できても火傷の跡が残ったりといった可能性があります。

今までほくろ除去を自分でしたことがない人が、いきなり上手くできるといった保証はありません。また、身体の部位によっても効果が均一とは限りません。特に顔は皮膚の中でもデリケートな部位なので、手足や腹部で成功しても、顔だけ失敗してしまうという可能性もあるのです。このような理由から、ほくろ除去はクリニックですることをオススメ致します。

そこで、施術ができるクリニックですが、大きく分けて三つのクリニックでほくろ除去を受けることができます。皮膚科、形成外科、美容外科の三つの診療科です。この三つのクリニックであれば、どこでもいいのでしょうか?答えは「No」です。 ほくろ除去を失敗しないためには、美容外科でほくろ除去をするのが一番です。何故美容外科でのほくろ除去が良いのでしょうか?理由は「美容目的に特化したクリニック」だからです。皮膚科、形成外科では主に治療目的でほくろ除去を行います。そのため、施術内容によっては保険が適用されます。

しかし、「美容目的」でのほくろ除去ではないため、ほくろを除去した跡が残ったとしても「ほくろを取り除く」という治療目的さえ果たされていれば失敗したとは言えないのです。 一方、美容外科でほくろ除去をする場合、傷跡についても配慮をしてくれます。「傷跡が残らないようにほくろ除去を行う」という医師と、「ほくろを除去を行う」という医師の心構えが違えば当然、結果も変わってきます。 ですので、ほくろ除去をした跡に傷跡が残ることが失敗だということであれば、美容外科でほくろ除去を行うことが、失敗しない一番の近道なのです。